飄然と生きて

昨日は

同僚んちでバーベキューだったんだよ~。

今日も仕事だし、休みたい気持ちもあったんだけど、けっこう楽しかった。

去年、家を建ててから3回目のお邪魔だったんだけど、赤ちゃんも生まれて順風って感じかな。
仕事が忙しいのはお互い様だけど、私生活は充実しているのだろう。

近くの不動産屋さんに100坪1000万の張り紙があったけど、西の方にも無いかな~。
もうそろそろ、俺も家を建てることを考えないと、社宅の家賃がもったいないな~。

最近、モデルハウスを見に行き始めたけど、しばらくは知識を付けないとね~。
b0088731_8301494.jpg

[PR]
# by tak1earth | 2007-05-20 08:30

囁き

娘に一回、頭をなでてもらう。

今はそれが最高の幸せ。

生きていくのが、こんなに辛いものだなんて、
思ってもいなかった。

普通に仕事をするのが、こんなに苦しいものだなんて、
思ってもみなかった。

原因は自分の決断力の無さなのか?
人を押し退けるだけの記憶力の無さなのか?
もうこのくらいで良いだろうという甘さなのか?

何れにしろ、持って生まれた基本スタンスが変わるはずもない。

ならば、自分のスタンスで自由に生きられる場所を見つけるのが、最良の選択となろうが、
それさえも許されない我が人生。

自由に生きられる道を見つけるためには、己の何かを犠牲にしなければならないのか?
あるいは、自由を見つけた時が、運命の尽きる時なのか?

飄々と生きるためには、あまりにも柵が強すぎる。

もっと、自由に生きたい。
もっと、自由に生きようとしたはずなのに。
[PR]
# by tak1earth | 2007-05-15 00:46

昨日は

連休明け初日から11時半までの残業となった。
もちろん、8時半以降はサービス残業。
その他にも色々なことがあって、いきなり会社を辞めたい気分になった。

ホントに「もうどうでも良い」とよく思う。

そんな思いも、どうにか今日の仕事をこなし、今日はちょっと回復。

子供の頃は「あまり気のつかない子」で、親父によく怒られたものだが、大人になって、自分では色んな事に良く気付くようになったつもりではいたのだが、やはり親父ほどにはなれないらしい。
兄ちゃんは、よく気が付く方だったので、羨ましく思ってたものだが、兄ちゃんも最近は隠居生活?を送っているのだろうか? 最近、音沙汰がない。

そう言えば、親父からお袋の具合の報告をしておくように頼まれていたのを思い出した。
顔を見たら話しておこう。
この忙しさじゃ簡単にはいかないけど。
b0088731_120696.jpg

[PR]
# by tak1earth | 2007-05-09 01:19



独り言
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30