飄然と生きて

<   2007年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

最近は

冬のせいか、咲いている花が少なくて、写真が不足してるね~。

カメラはいつも持ち歩いてるけど、なかなか写真って意識してないと撮れないもんだよね~。

あんちゃん、「熊野権現のお札」ありがとう。
お金渡すの忘れちゃったね。
[PR]
by tak1earth | 2007-01-28 02:58

昇進は

今回も無理なようだ。

どうなんだろう?
昔は、漫画家になりたくて、小説家になりたくて、地球人になりたかった。
今でも、自分は科学者で、詩人だと思っている。

いつから道を踏み外したのか?

人の言うことを聞いて、真面目に生きてきた人生は、決して自分の思う様なものではなかった。

熱意の出し方なんて人それぞれで、
それが前面に出ているからすばらしいなんて思わない。

自分を激しく表現する人間は、それだけで人の人生を食いつぶしている。

まあ、そんなことももうどうでも良い。
ここまで流されてきたのなら、自分の定めに従ってみよう。
それが自分にとって悪い道とは限らないし。

ただ、僕は科学者で、詩人で、小説家を目指していて、地球人になりたがっている。
ただそれだけのことだ。
[PR]
by tak1earth | 2007-01-28 02:21

忙しいながらも

今日の仕事は、なんとなく着々と片づいていったような。
毎日こんな感じだといいのだけれど。

仕事は相変わらず忙しいのだけれど、最近は若干、心が落ち着いているかな。

まあ、毎日日替わりと言わず、時間替わりで、浮いたり沈んだりを繰り返すのだが、生きているとはそんなことなのだろうか?
いっつも浮いた状態でいることは出来ないんだろうねえ。

金持ちになりたいなあ。
[PR]
by tak1earth | 2007-01-26 00:03

書かなきゃ

今日、久しぶりに会った俺のブログ仲間がそう言った。

何でも良いから、書いて、書いて、書き続けなきゃ。

そうだね。
俺は元々漫画家志望で、大学4年間行かせてもらって、親に漫画家になりたいって言い出せなくて、就職して小説家を目指そうと思ったんだから、書き続けなきゃね。

文章は書くことで上手になる。
そりゃ兄貴みたいに、元々文才があって、活字を拾うのも早くて、読書量も多い人間にはかなわないかもしれないけど、それでも小説家になるためには書かなきゃね。

今年は、どんな年になるのか?
また昇進は出来なさそうだし。
でも、もう異動の希望は出したから、どこかに異動はさせてもらえるだろう。

いくらなんでも、10年近くも昇進もせずに同じ部署にいたら腐ってしまう。
当たり前のことだね。
でも、ウチの会社は、基本的には異動のさせすぎでベテランが育たない。
すごいジレンマだけど、現実そうなんだね。

「未来は分からない」、昨日テレビに出てた尼僧さんがそう言っていたが、本当にそうだと思う。
10年前に、今の自分は想像できなかったし、20年前に10年目の自分は想像できなかった。
だから、今から先の自分の運命も、まだ一花も二花もあるはずなのだ。

まあ、その尼僧さんが言うには「逃げずに立ち向かえ」とのことだったが、ドラマ仕立てのTVの話を聞いていると、その尼僧さん、若い頃の自分の結婚生活に耐えられずに出家して修行したから、ある程度地位のある尼僧さんになった訳で、
「自分だって逃げてんじゃん。結局、自分に合った世界を見つけただけじゃん」って言いたくなったけど。

ま、それは置いといて。
自分の生きるべき世界を見つけられる可能性も、まだあるということで、まだまだ希望を持って生きることにしよう。
[PR]
by tak1earth | 2007-01-22 23:13

新年

明けまして、おめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

今年の自分の運命については、どうなるものかも予想できませんが、いずれの方向に進むにせよ、自分らしく、出来る限りのことをしていきたいと考えます。

糖尿は最悪。
左手の痺れもそのまま。
遂に真剣に体の調整に取り組まなければならない状況になってきました。
こっちも出来る限りのことをしていきたいと思っています。

飄々と生きるのもサラリーマン生活では限界があり、でもそれでも、自分らしさが無いとストレスで潰れそうになるから、自分の命を紡ぐことも忘れずに、頑張ってまいりましょう。
[PR]
by tak1earth | 2007-01-05 00:19



独り言
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31