飄然と生きて

<   2006年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

四半期決算で

とても大変な一週間でした。

会社の再編による事務手続きの複雑化と、客先からの発注の遅れ、下請負契約の遅れなどから、死にものぐるいの事務処理でした。

でも、なんと言っても会社の再編による事務手続きの複雑化が一番の問題。
もう、「馬鹿」という言葉がピッタリな、担当者のことを考えない事務手続き。
作業量は一気に5倍ぐらいに膨れあがっています。

どんな風にかって?
言わない。
もう、言うのもかったるいほど。

じゃあ普段からやっとけば、と思うけど、増えたのは承認絡み(人絡み)のところも多く、昨日、一昨日は、みんな中間決算のことを意識してか、承認者が会社にいたものの、普段は誰かが外出かなんかでいないことも多くて、進まない進まない。

明日はカミさんとまた遊びに行こう。
今はこれが、癒し効果抜群。
娘達(下の二人)は試験勉強だから、ちょうど良い。

息子はなぜか、今日は外泊。
いつも連絡を入れるはずの息子なのだけど、...カアちゃん何か聞いてるのかな?
まあ大学生なんてそんなもんだから、あんまり心配はしてないけど。
ただ、娘達が大学生になった時に、「お前達は女の子だから」なんて、説得力の無くなるような風にはもっていけないかな。
でも、そう言うだろうけど。

最近の晩婚傾向は、親が子供に男女間の責任感を教育しないのが一番の問題だと思うが、一人っ子が多くなったせいか子離れ出来ていない親も多くて、20歳付近で配偶者を物色しなくちゃいけない年頃の子供に、やたら干渉したがるのも問題だろう。
男も女も、そのくらいの歳には、相手を物色しながら帰ってこないもんだろう。
男女間の責任感を教えた上で、「良い相手見つけてこい」って言うのが一番だと思う。

息子の場合は、部活が原因なのだが、逆に少しはそんなこともないと、親としては少し心配だ。
息子は妹二人がいたせいか、女の子の優しさには飢えていない様子。
俺は兄貴と二人だったので、小学生の頃から飢えていたのだが。
[PR]
by tak1earth | 2006-09-30 05:08

仕事は

思うようにいかない。
子会社にいて、なんでも自分でやっていた頃が懐かしい。

大きなお客様で、やることが多すぎるので、グループで作業しないといけないのだが、こっちの焦っていることが上手く伝わらないのは、やりにくい。
まあ、自分のコミュニケーション能力や指導力に問題があるのだろうが、いちいちその人の性格を読みながら仕事の依頼をするのは本当に面倒くさい。

やっぱり、人を動かすというのも一つの才能だろう。
もう一人で出来るような仕事に戻ることは無いのかな。
ストレスが溜まる一方だ。
人前では気にしてない、「とにかく頑張りましょう」的な態度を取っているが、ほとんど限界に近い。
これで管理職にでもなろうものなら、発狂してしまうかもしれない。

自由に生きたい。
自由に生きたい。

いけん、いけん。
今は我慢、我慢。
[PR]
by tak1earth | 2006-09-27 05:33

結局

今日もゲームセンターに行ってしまった。

部活も休みで暇?にしてた下の娘も連れて。
でもまあ、お昼ぐらいになると娘の友達もみんなやってきて、なんというか、「最近の子供達の遊び場はこんなところなのか」と思ってしまった。

ゲームセンターはそもそも子供の遊び場だったし、一時期テーブル型のテレビゲームが流行って不良のたまり場みたいになったけど、今はまた元に戻ってきているのかもしれない。
ただ昔と違うのは、ゲームそのものが一部複雑化してきていて、結構はまっている大人も多いということだろう。

残念だったのは、昨日3回もかかったJACKPOTが、今日は1回もかからず、メダルが減ってしまったということ。
一人でゲームをしていると、メダルを増やすためにシビアにゲームをするから、結構メダルも溜まってタダで1日中遊べるのだが、楽しみに来ている家族にまでそんなシビアなゲームの仕方を強要することはできないので、貯めたメダルは一気に減ってしまうということになる。
それに土日はお客が多いので、調子の良い場所を選べないことも理由の一つかな。

さて、明日からはまた、地獄の仕事場に復帰する事になる。
頑張るか。
まだ、「頑張る」という言葉が自分で吐けるということは、鬱にはなってないってことかな。
テレビで言っていた鬱の症状は9割方あてはまるのだが、唯一「食欲がなくなる」というのがあてはまらない。
もしかして、本当だったらもっと食べているのかも? なんちゃって。
ま、ストレスが溜まった方がよく食べる、なんてこともあるかもね。

明日からは、本来の自分とはしばらくおさらば、かな。
自分の才能で仕事がしたいね~。
[PR]
by tak1earth | 2006-09-25 01:42

けけけけ

今週は結局、木曜日に出勤したのみ。
あとはめでたく遅めの夏休みとあいなりました。
先週の土曜日にお客様から電話があって、火曜日の朝に家から電話したところ、結局、間違い電話だったんだけど、そこで話した結果、火曜日の出勤はしなくても良いことになりました。
木曜日は、さすがに来週の諸々のことの準備に出勤しましたけど。

で、休みとは言っても、家族はみんな学校や仕事や部活で忙しいから、もっぱら近くに出来た巨大ショッピングモールのゲームセンター通いで過ごしました。
メダルゲームにはまって、ほぼ一日中やってました。
俺って元々ゲーマーだし、学生の頃にやってたバイトもコンビニとゲームセンターだったし。
久しぶりにゆっくりできました。

明日は夏休みの最後だし、映画でも見に行こうかな。
[PR]
by tak1earth | 2006-09-24 01:04

来週はまるまる休み

のつもりだったのだが、そうもいかないらしい。

できるだけ、何も無いように(希望)していたのだが、客先に行ったときに比較的急ぎの仕事を受けてしまった。
来週は、お休みさせていただくことを了承頂いた上で、再来週に見積り等、資料提出させて頂くことをお約束したのだが、この時点では、「木曜日には出ないといけないかな」という感じだった。

休みは自分で勝ち取るもの、と思っているので、俺の場合、客先の仕事が最優先ではない。
「交渉が成立すれば休む」それで良いと思っている。
今はグループで仕事をしている(営業は一人)ので、自分の思うようにはならず、なかなか上手くいかない面もあるが、基本的にはそうしている。

で、確認のために、客先の別の部署に行ったら、情報が間違って?伝わっているようで、説明の必要があった。
どうも、仲介している部署の方の伝え方がおかしかったらしい。

そして夕方にはその仲介部署の方から連絡があり、スケジュール調整をして再来週にお話しさせて頂くことにした。

だけど、社内調整も必要だし、木曜日では遅いんだろうな~。
やっぱり「火曜日」には、調整に出ないとダメだよな~。
せっかく、社内にもお客様にも、来週は休みで調整とったんだけどな~。

もう年休の期限が迫っているから、後ろにズラすことはできないし、ボランティアだな~。
b0088731_694834.jpg

[PR]
by tak1earth | 2006-09-17 06:06

仕事行きたくない

本当に鬱病ではなかろうか、と思うほど。

でもな、気にかかっている仕事が抜けると、一気に元気になるんだよね。
やっぱり、今は気に病む仕事が多すぎるってことだろうか?

とにもかくにもこの業界(コンピュータ業界/IT業界)は開発者の無責任さが大きすぎる。
ここまで複雑にしてしまったら、収集がつかないだろう。
もっと制御しろよ。
標準化しろよ。
いたずらに開発を進めるなよ。
人間の数だけプログラムがある様な開発の仕方、止めろよ。

そうそう、今日はたまたま会社の2階の一番奥まで行くことがあったので、俺の聖地を写真に収めてきた。
何度、ココで、「もう他の仕事に就かせてくれ」と頼んだ事だろう。
ボンクラな聖地なのだ。

この世に神などいない。
大切なことを気づかせてくれる聖地だ。
b0088731_0102242.jpg

[PR]
by tak1earth | 2006-09-13 00:10

今週は

下の娘も二泊三日の学校の行事に参加して、息子も七泊八日の部活の合宿に参加している。
みんな、自分の生活をしているだけなのだが、夜、家に誰かが欠けているとなんとなく寂しいものだ。

まあ、息子は大学生なので、もう本当は家にいないのが当たり前なのかもしれないが、自分の仕事が一段落して、家で過ごす時間が長くなった時には、もう子供たちはみんな独立していってしまっているのだろう。
そう思うと、自分は何のために生きているのかと思いたくもなるが、命を次の世代に伝えることが人間に唯一課せられた指命なのだろうから、良しとしよう。

最近は、個人の自由だとか言って、子供を作れる体を持っていながら作らない人もいるが、今の人間が存在するためには、何億年もの歴史の積み重ねが必要な訳で、人間が何もないその辺の空間からヒョイと生まれてくる訳ではない。
しかし死んだら無に戻るだけ。
そんなことを分かって言っているのだろうか?
分かって個人の自由だと言っているのなら、今の人間の「個人の自由」というのは、神の領域にまで達しているのだろう。

俺にはよう分からんが、俺は「生きる」事だけは、生き物に課せられた指命だと思う。
だから子孫を残すことも、唯一人間に課せられた指命なのだ。...と思う。
b0088731_2352599.jpg

[PR]
by tak1earth | 2006-09-10 02:34

今週も長かった

やっと落ち着いて書き込みできるというもの。

今日は上の娘の体育祭だったが、昨日は夜中の3時過ぎまで仕事だった。
それも、たまり溜まった片付けものを終えて(資料の整理)、月曜日提出の見積書を作ろうとしたところで、パソコンがディスククラッシュをしてしまうという結末。
だから、見積書の作成は出来なかったものの帰れた、という訳だ。

月曜からの仕事の事を思うと気が重いが、しょうがないだろう。
きっと俺の体の代わりにパソコンが壊れてくれたのだ。

しかし、確かバックアップは取ってあったかと思うが、最新のデータとメールがすべて飛んでしまうことになるのが気がかりだ。
せめて、OSは立ち上がらなくとも、読むことだけはできて、データだけは読み出せるとよいのだが。

写真は、キャンプの帰りに寄った、原鶴温泉「花農屋」からの絶景の眺め。
写真だと一方向しか撮れないが、180度以上は綺麗な景色が望める良い温泉だった。
そういえば、ウチの親父は、自分の遺骨はどっかの景色の良いところにバラまいてくれと言っているが、きっとこんな景色の良いところのことを言っていたのだろう。
b0088731_1836023.jpg

[PR]
by tak1earth | 2006-09-09 18:31

昨日は

キャンプ疲れで、いつの間にか眠っていたようだ。

キャンプは...楽しかったような、そうでもないような。
俺ももういい歳なのに、子供3人をのけると、下から3番目の立場。
家ではほとんど動かず、カミさんや子供たちを使っているのに、買い出しやら、片付けやら、率先して山ほど働かなくてはならない。

で、最後は飲みながら仕事の話。
プライベートとは良いながらも、仕事の話になると、周りはお客であり、上司に変わってしまう。
死ぬほど働いたあげくに、会計までやっているのに、最後はベンダーであり部下にされてしまうのではやりきれない。
といっても、上の立場の人間には、こっちがどれほど気を遣っているかなんて分からないだろうが。
だいたいにおいて、気を遣っているもののことを、気を遣われているものはほとんど考えていない。
まあ、そんなもんだろうが。

世話になった方ばかりだし、いつまでもみんな元気でキャンプに行きたいのはヤマヤマだが、このメンバーで行く限り、俺に安らぎはないかもしれない。
...複雑。

キャンプ場は、毎年恒例。
管理されたキャンプ場としては、なかなか良い。

兄貴のような本当のキャンパーの好みではないと思うが、田舎暮らしの少ない人間にとっては、快適なのだと思う。
分かりにくいかもしれないが、こんな感じ。
b0088731_0504126.jpg

[PR]
by tak1earth | 2006-09-05 00:50

今日は

明日のキャンプのために、12時から14時まで買い出しタイムとなった。

キャンプ仲間から、永久幹事を任された同僚が必要品リストを作っているので、作業は結構はかどった。
13時から14時まではサボリだが、サービス超勤は死ぬほどやっているので良しとしよう。
それにお客さんとのキャンプだし、仕事と言えば仕事ということで...。
まあ、昔からのことだが、我が事ながらお客様との仲の良さには驚かされる。

16時からはインターンのレポート発表のコメントをしなければいけなかったので、急いで帰社。
担当の娘の昨日の日誌のコメントを書いて、いざ発表会場に行くと、コメントはウチの部課で預かった3人分を一気に一人でやるのだという。
何故か任されてしまったので、パニくりながらも、3人の発表に聞き入った。
隣りの同僚のチャチャに耐えながら、しゃべることを整理してコメント。
出来は、まあまかな。
手元のメモを見ながらのコメントなので、良くできた方だろう。
俺の場合、記憶力がないので、覚えてきたことを話す、ということになると、パニクって頭の中が真っ白になることも良くあるのだが、今日みたいな急なコメントでも、メモを見ながら話せるとなると、結構まともなことがしゃべれるようだ。
ま、アドリブはきかないけど。

まあ、なんとか今日の一日を乗りきった。
今日はこれで良しとして、あしたのキャンプを楽しもう。
場所は例年通り、岩屋キャンプ場。
同僚が一人欠席のため、仲の良い娘さん(中1)が来ないのが寂しいが、永久幹事の息子(こっちも同じく中1で仲が良い)と遊んでやろう。
[PR]
by tak1earth | 2006-09-02 04:51



独り言
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30