飄然と生きて

囁き

娘に一回、頭をなでてもらう。

今はそれが最高の幸せ。

生きていくのが、こんなに辛いものだなんて、
思ってもいなかった。

普通に仕事をするのが、こんなに苦しいものだなんて、
思ってもみなかった。

原因は自分の決断力の無さなのか?
人を押し退けるだけの記憶力の無さなのか?
もうこのくらいで良いだろうという甘さなのか?

何れにしろ、持って生まれた基本スタンスが変わるはずもない。

ならば、自分のスタンスで自由に生きられる場所を見つけるのが、最良の選択となろうが、
それさえも許されない我が人生。

自由に生きられる道を見つけるためには、己の何かを犠牲にしなければならないのか?
あるいは、自由を見つけた時が、運命の尽きる時なのか?

飄々と生きるためには、あまりにも柵が強すぎる。

もっと、自由に生きたい。
もっと、自由に生きようとしたはずなのに。
[PR]
by tak1earth | 2007-05-15 00:46
<< 昨日は 昨日は >>



独り言
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧